ミュージカル・演劇の授業・活動の紹介

高校専門科目 演劇・ミュージカルを学ぶ

本格的なミュージカルへの取り組みと学習

ミュージカル・演劇では、必要な歌とダンスで構成する部分のみを学習し、演劇、歌、ダンスを取り入れた本格的ミュージカルに取り組みます。

ミュージカル・演劇が関わる活動、作品

子どもミュージカル「空海」

子どもミュージカル「空海」

2018年11月17、18日に貴志川かがやきホールにおいて開催されました。本校の副校長が脚本・演出指導、天翔りいら講師が本作品の製作・指導を行っております。プロとともに作品を作り、舞台に立つことは、たくさんの学びに繋がったようです。

Mother wasn't wanted

第1回りらシアター第2部創作舞台作品「ロストチャイルド」

「りらシアター」は、12年目を迎えた、りら創造芸術高等学校のはじめての試みです。出演者はりらの生徒たち。テーマは「子どもと家族」。全2部構成の舞台、第2部でテーマに基づいた創作舞台作品「ロストチャイルド」を発表しました。

NIGELLA

厚生労働省からりら生の活動が表彰されました

2018年3月26日(月)和歌山県書道資料館にて、厚生労働省と和歌山県が主催した『平成29年度麻薬・覚醒剤乱用防止運動わかやま大会』で今年度学園で制作し生徒が演じた演劇や、これまでの薬物乱用防止啓発活動が高く評価され、特別に、厚生労働省近畿厚生局麻薬取締部長から麻薬・覚醒剤等の薬物乱用防止活動に顕著な功績を示した団体として、『りら創造芸術高等学校』に感謝状が贈呈されました。

りらの授業の特色

りら創造芸術高等学校(平成28年4月開校)での学びは、学校で学んだことを社会の中で活用し、社会に貢献できる『人間力=生きる底力』を身につけた人材の育成を教育目標としています。

そのために本校では、舞台創作活動などの芸術系教科と普通教育に関する教科とを連携させて学ぶことで、総合的なプロジェクト学習にまとめあげていく特色ある教育課程を実践しています。

講師紹介

天翔 りいら講師

天翔 りいら

特別講師 元宝塚歌劇団出身

元タカラジェンヌによるミュージカルの授業

宝塚歌劇団でロミオとジュリエット、エリザベートなど数々の大作に出演。退団後はミュージカル舞台、ディナーショーやLIVEなどへ出演。ダンス講師、ワークショップも開催し、PV出演・モデルなど幅広く活躍中。和歌山県の中・高等学校でのダンス授業用教材「和歌山県紀州っ子かがやきエクササイズ&ダンス」の振付・作詞及びヴォーカルも担当している。また、2015年紀の国わかやま国体のオープニングセレモニーに出演。2016年劇団四季「CATS」に出演。

資料請求はこちら 体験入学・学校説明会