舞台企画(AEP)を学ぶ 総合芸術を創り上げる

Image

りらシアター

Image

ほたるナイト

Image

りらフェスティバル

Image

世界民族祭

Image

後期総合授業発表

Image

演劇祭

Image

舞踏祭

Image

音楽祭

▲各サムネイルをクリックしていただくと、拡大写真がご覧いただけます。

舞台企画によって生まれた総合芸術作品

「全ての演目が終わったとき、どうして涙が流れていたのか。 ”頑張る”その言葉では表せないくらいの奇跡がそこには生まれていた(生徒談)」高校卒業を控えた3年生と立つ最後の大舞台『総合発表』では毎年感動のドラマが生まれています。 仲間とは何か?共に創るとはどういうことか? 「舞台で表現しよう」そのとき言葉は意味を失うのかもしれません。 ぶつかること、感動の涙を共に流すこと。 たくさんの困難を乗り越えた生徒たちの最後の言葉はなぜか決まって「ありがとう」

舞台企画を作り上げていく流れ

流れ1

企画/立案

スケジュール管理や練習内容・リハーサルなどの計画を生徒自らが入念なミーティングを重ねながら立案します。

流れ2

練習/製作

生徒全員が協力し合い、練習やチラシや作品制作を進めます。また演出や広報、物販まで自分達で担当します。

流れ3

専門家の指導

練習・製作を進めていく内に、どうしても行き詰まることがあります。そこで、本校だからこそ可能なプロのアドバイスを受け、よりレベルの高い作品に仕上げて行きます。

流れ4

舞台・作品発表

発表当日は、今まで練習・製作してきた成果が問われます。生徒達もプロも目指すことは同じ。
やり遂げること、そして観てくれた人に最高の内容を届けることを目指します。

流れ5

振り返り

発表を終えて、達成感・感動を経験したあと、良かったこと・悪かったことなど、すべてについて話し合います。
今回で見えてきた課題や教訓を、次回の発表に活かしていきます。

特別講師・教員紹介
資料請求はこちら 体験入学・学校説明会