芸術専門科目 美術を学ぶ

高校専門科目 美術


学習内容

美術基礎教科において、デッサン、絵画の技法、工芸デザインなどのファインアートとしての基礎教養を習得します。また、創作活動を中心とした油彩などを選択することにより、ファインアートで特徴的な技能や考え方を習得でき、美術的感覚が伸長されます。

授業の紹介

美術基礎

美術基礎

ファインアートの基礎教養を学びます。

絵画表現

絵画表現

油彩の技法を学び、芸術作品を創造する力を育みます。

アクリルテクニック

プロフェッショナルから学ぶ

講師写真

創造する力を育成する

小さな生き物に焦点を当てた「自然との共生」をテーマに創作活動をしている。創造芸術を前面に出した絵画の技法や、創造する力を育成する指導に力を入れている。
独立美術家協会会員、和歌山県美術家協会理事・審査員、日本美術家連盟会員、大阪樟蔭女子大学学長室参与、秀明大学教育研究所教授。

特別講師 画家
中前 光雄

授業での学びを土台に総合芸術作品を創りあげる

舞台企画/アート・イベント・プロデュース(AEP)から学ぶArt / Event / Produce

専門科目の授業や数多くの体験を通して学んだ事を土台に、舞台制作・発表、個展開催など企画から全てを高校生たち自らが行っていきます。 この活動から様々なプロジェクトが独立し、数多くのメディア掲載実績や校外発表につながっています。

詳しくはこちら

資料のご請求、学校見学について

資料請求フォームへ
体験授業・学校見学申し込み

このページに関連する内容

卒業後の進路について
生徒・保護者の声
りらへのQ&A