伝統文化を学ぶ

高校専門科目 伝統文化


学習内容

  • 日本の伝統芸能である能楽、日本舞踊を学ぶとともに、着付けや礼儀作法を基本から学習し、自国の文化に対する理解を深めます。
  • 学園が実施する国際交流事業において、日本の伝統芸能を公演するなどして「世界の中での日本人」としてのアイデンティティを育くみます。

授業の紹介

伝統舞踊

日本舞踊

日本の伝統的な舞踊を学ぶことで、独特の所作や作法を身につけます。

能楽

能楽

能楽の中の謡、仕舞の技術及び精神性を学習します。

プロフェッショナルから学ぶ

講師写真

「世界の中での日本人」としてのアイデンティティを育くむ

喜多流能楽師。父親の松井彬氏は1973年に第2回文歌奨励賞受賞。海外でも公演活動を行い多大な評価を受けている。98年文化庁より重要無形文化財総合認定を受け、保持者となる。息子の俊介氏が能の仕舞と謡を指導する。

特別講師 能楽師
松井 彬・松井 俊介

卒業生PICK UP! / りらOB,OGの活躍

第3期生 海津由布子さん

りらは出会いに溢れた場所です。りらには先生・生徒をはじめたくさんの人々がいます。まったくちがう価値観・経験をもち、立場もちがいます。同じにはならなくても、ただお互いを認め合い、まっすぐ目を見て話せる存在。あなたの夢に対しても本気になってくれる存在。そんな仲間たちにあなたは出会うでしょう。できるわけないと思っていたことが、「私にもできる」ことに変わる。背も腹もかち割って思いをぶちまけ、でも最後にはやっぱり笑いあえるなかまがそばにいる。そんな経験から生まれる自信は、あなたがこれから出会うであろうあなた自身です。

授業での学びを土台に総合芸術作品を創りあげる

舞台企画/アート・イベント・プロデュース(AEP)から学ぶArt / Event / Produce

専門科目の授業や数多くの体験を通して学んだ事を土台に、舞台制作・発表、個展開催など企画から全てを高校生たち自らが行っていきます。 この活動から様々なプロジェクトが独立し、数多くのメディア掲載実績や校外発表につながっています。

詳しくはこちら

資料のご請求、学校見学について

資料請求フォームへ
体験授業・学校見学申し込み

このページに関連する内容

卒業後の進路について
生徒・保護者の声
りらへのQ&A