最新情報

4月4、5日演劇発表『デジタルファミリー』in大阪 2015.03.10

舞台/作品発表


この度、りら発の劇団『劇団Re:Light』として、初めて大阪で公演を行う運びとなりました。りらで演劇に関わった卒業生、及び在校生合わせて6名が出演します。

脚本・演出は本校教師の山上が努めており、役者は、現在は今年で20周年を迎える老舗劇団『劇団赤鬼』で活躍する4期生の前田千咲、同じく今年で17年を迎える老舗劇団『劇団暇だけどステキ』で活躍する4期生の坂口勝紀、また、2013年の県依頼の舞台『Mother wasn’t Wanted』の主演、5期生の同道聖夏といった卒業生組と、若い3名の在校生組が出演します。

舞台タイトルは「Degital Family(デジタルファミリー)」テーマは「携帯電話と家族」。知らない誰かと家族になれる携帯アプリ「デジタルファミリー」が浸透した世界で起こる1つの家族のお話。ホラーあり、エンターテイメントあり、サスペンスあり、笑いあり、涙ありの1時間30分を、客席にお届けします。

 

デジタルファミリー チラシ 表面

□タイトル 「Degital Family(デジタルファミリー)」

□日  時 2015年4月4日(土)①17:00~

4月5日(日)②12:00~ ③16:00~

□場  所 大阪市立芸術創造館

大阪市旭区中宮1ー11ー14(地下鉄谷町線「千林大宮」より徒歩10分)

(両日共りらより送迎バスを予定しています。貴志駅・岩出駅経由:要予約:073-497-9111)

□料  金 前売 1,000円(当日1,200円)・学生 800円

(学校でもチケットの取り扱いがあります:073-497-9111)

□出  演 同道聖夏・前田千咲・坂口勝紀・及び在校生3名

 

和歌山 特別版公演も決定!> ※詳しくはこちら

■3月21日13:00~ @和歌山中央コミュニティセンター 無料!(要予約)

2015年3月21日(土)13:00~より、和歌山県精神保健福祉センター主催による、活動授賞式及び山上範子校長による講演の他に、「デジタルファミリー特別版」を上演することが決定しました!本編より少し短く、最後も少し違う特別版。和歌山中央コミュニティセンターで1ステージのみ。料金はなんと無料!但し席数に限りがありますので、お早めに予約をお願いします。(予約方法はこちらをご覧ください)