最新情報

2020年4月から私立高校実質無償化について

2019.12.03

報道でも報じられている通り 2020年4月から全国で 「私立高等学校の授業料の実質無償化」が始まります。

年収目安が約590万円未満の世帯の生徒を対象として、私立高等学校等の授業料に全国の私立高校の平均授業料を勘案した水準の支援金を支給するという内容です。※奨学金とは違い返還は不要です。

本校においても、現状で半数程度の生徒が対象となる見込みです。 これにより、これまで経済的負担で諦めていた私立高校への道が開かれることが期待されています。

尚、お住まいの都道府県や収入、家庭状況によって支援額は異なります。詳細は文部科学省のHPをご参照下さい。

今回は皆様からの質問が多い、2020年4月以降のりら創造芸術高等学校における年間学費等の必要経費を月額に換算したお金のシミュレーションを行いましたのでご参照ください。

※このシミュレーションでは、月額での換算を行っていますが、学費納入は年一括及び2回分納になります。また、支援金は正規授業料を納付いただいた後、各家庭の年収等の条件で計算し、次回以降の授業料等から減算します。
※このシミュレーションでは、文部科学省が発行した『2020年4月からの「私立高等学校の授業料実質無償化」リーフレット(令和元年5月)』と『高校生等への修学支援リーフレット(令和元年8月)』を参考に、支給上限額が全日制高校の年間平均授業料約40万円(2018年度)になった場合をシミュレートしています。制度の最新情報は文部科学省のHPをご参照ください。

※このシミュレーションは両親・高校生・中学生の4人家族で、両親の一方が働いている場合の目安です。

資料請求はこちら 体験入学・学校説明会