Loading...

世界民族祭閉幕 最新情報

世界民族祭閉幕

🌎世界民族祭2020が無事に閉幕いたしました🌎

本祭典は、りら創造芸術高等学校の山上範子校長が発起人の一人となり高校生と地域が一体となり初開催してから、12回目を迎える今では地域最大級の国際交流イベントとして従来1万人の来客が訪れていましたが、今年は、コロナウイルスの影響により初のオンライン開催となりました。

配信日の2020年12月13日には、事前に準備した動画を流したり、MCを行ったりしながら10時間に及ぶ生放送を行いました。

【地域交流】パートでは和歌山大学観光学部の皆様にご協力いただきました🌱

紀美野町での地域インターンシップの取組のほか、高大連携オンラインシンポジウム「若者たちと創る地域の未来~関係人口で賑わう紀美野町を目指して~」ではドラマ「高校生レストラン」のモデルになった活動の仕掛人でもある岸川政之氏にご登壇いただき、りら創造芸術高等学校卒業生で、現在国立和歌山大学で学ぶ中村さんも自身の活動や学びを振り返って語ってくれました。

【国際交流パート】ではJICA関西の皆様にご協力いただき、「世界一周の課外授業」と題して、フィリピン、ラオス、バングラデシュ、ネパール、インド、キルギス、ガーナ、モザンビークのJICA研修員の方々との模擬授業及びセッションを行いました🌎✎本授業を収録するためにりらの生徒たちは、1日7時間以上の英語による授業を通訳さんの協力のもと行えたことも大きな学びになったと思います。

オンラインステージでは「地域から世界へ」と題し、りら創造芸術高等学校の授業「地域おこし」の受講生で結成された田舎ボーカルユニットのえぷろんずや、紀美野町をテーマとしたオリジナル楽曲を歌うりら創造芸術高等学校卒業生でシンガーソングライターの円香さんのステージのほか、インド・ポーランド・日本・セネガル・カンボジアなど計5カ国による伝統音楽や伝統舞踊が繰り広げられました👏✨

そして、今年度も学生団体1LDK(りら創造芸術高等学校生徒と海南高校大成校舎生徒)を中心に、高校生たちが大人に混ざり、高校生実行委員として、オリジナルTシャツの販売や、MCを務めました💛

≪生配信の映像:10時間に及ぶため、動画の概要欄からお好きなコンテンツへどうぞ!≫https://www.youtube.com/watch?v=vq7oP2-_q1w&feature=youtu.be※こちらの映像は期間限定でアップしております。改めてアーカイブとして世界民族祭のYoutubeチャンネルに各種映像をアップ予定です。

オープンキャンパス
学校紹介動画
資料請求

SCROLL


資料請求
りら公式LINE
お問い合わせ